良い借金もある

日本においては、「借金」というものが過剰に悪いものであるように見られている風潮があるのではないでしょうか。
子供のころから「借金だけはするな」「保証人にだけはなるな」というようなことを親から口を酸っぱくして言われてきた人も多いのではないかと思います。
確かに借金というのは、大きなリスクを背負う行為であり、不安があるならばしないにこしたことがない行為であることは事実です。

しかし、こういった教育によって「借金」自体が完全に悪いものであるかのように理解してしまうのは、それはそれで大きな損失となるでしょう。
借金には2つの種類があります。
1つは「良い借金」もう1つは「悪い借金」です。
多くの人は後者の悪い借金にばかり目が行ってしまい、良い借金について見えなくなってしまっているのではないでしょうか。

大抵の場合、前者については融資、後者についてはそのまま借金という言葉が使われます。
融資であるならば、そんなに悪いイメージを持っていない人が多いでしょう。
資本主義社会において「融資」というものの存在は非常に重要です。
これがなければ、社会が回って行かないほど重大なものであるといっても間違いありません。

では、具体的には融資と借金の違いというのはどこにあるのでしょうか?自分がしようとしているのは融資なのか、借金なのか、どちらなのかを判断してみることが、失敗しないための方法の1つとなります。
ここではその内容について紹介します。

Copyright © 2014 借金と融資の違いとは All Rights Reserved.